導入を考えている人へ

太陽光発電の一番の長所といえば電気代が安くなる事です。
太陽光パネルの初期費用は高額ですが10年から20年で回収できるので、長期的な視点で毎月の光熱費を削減したい人には最適だと思います。
太陽光発電は電気を売却する事ができるのもメリットの一つで、環境にもよりますが年間10万円以上の収入を得て光熱費を0円にしている家庭も珍しくないようです。
通常の買取額は1kwあたり20円程度ですが、現在普及拡大のために倍近い値段で売却できるので、早期の導入を考えて
みるのも良いかもしれません。null
最近では太陽光パネルを自宅以外の場所に設置して発電する売却目的のみの金融商品としての導入も進んでいるようです。
実際に太陽光パネルの設置を考えた場合、発電量を大きくして早く初期費用を回収したいと考えますが、発電量が大きいほどパネルの値段も高くなるので注意が必要です。
屋根の向きや形まで考慮して相性の良いパネルを購入しなければ、発電や設置が不可能の場合があるので、販売店と何度も相談して自宅に最適なパネルを選ぶ事が重要です。
太陽光発電は太陽の光を利用するので沖縄などの南国が最適だと考えがちですが、日の強さより日照時間が重要なので中部地方あたりが最適のようです。
北海道のような雪国でも積雪が少なければ発電量が高くなるケースが多いです。
環境にやさしいクリーンエネルギーである事や災害時の非常用電源として活用できるメリットもあるので今後はますます重要性が高まっていくでしょう。

This entry was posted in 太陽光発電で大事なこと.

Comments are closed.