設置費用について

太陽光発電システムというのは、その費用でもっとも大きなものは太陽電池だということが分かりました。
しかし、それにまけず劣らずお金がかかるのが、それ以外の費用です。
施工する際には、かなり費用がかかると思ったほうがいいでしょう。
機器でもっともお金がかかるのは、パワーコンディショナーです。
パワーコンディショナーというのは、太陽光発電システムの要です。
太陽光発電のスター選手が太陽電池だとしたら、監督のような存在が、パワーコンディショナーなのです。
太陽光電池で作られる電気は、その時点ではまだ直流電気です。
直流電気というのは、一方通行の電気のことで、乾電池の電気がそれに相当します。
しかし、直流電気では、あいにく家庭では使用することができません。
そこで、直流電気を家庭でも使えるように、交流電気に変換しなければなりません。
その変換をしてくれるのが、パワーコンディショナーです。
このパワーコンディショナーですが、300000円弱はします。
次にお金がかかると思われるのが、太陽電池モジュールの設置工事費です。
何といってもモジュールはとてももいですし、向きも大切になってきます。
力も必要ですし、デリケートさも必要です。
設置工事費は320000円くらいです。
そのほかにお金がかかるのは、架台を設置する架台です。
後、電気配線の工事を屋外、屋内で行うにもお金がかかります。
これがそれぞれ200000円くらいはします。
施工ではこれがお金がかかります。
それ以外にもお金はかかります。
発電や売電の様子を見ることができる発電モニターの料金もあります。
リモコンやケーブルなどの費用もあります。
架台本体ではなく、その設置工事費としても、お金がかかります。
実は前述した太陽電池以外の450000円というのは、値引き後の価格です。
業者の中には、補助金が交付される金額まで値引きしてくれる場合が多いのです。
では、その補助金というのはどうなるのでしょうか。


Comments are closed.