どのくらいの値段がするのか

産業用の太陽光発電システムほど優遇された売電システムではありませんが、住宅用もメリットがあります。
しかし、やはりそこで気になるのが、売電価格もそうですが、導入するのにどのくらいの値段がかかるかということです。
太陽光発電システムというのは、一般的に元を取るのには10年以上かかるといわれています。
そのため、長期的なコスト意識というのが、導入する側にとっても必要となります。
そのためにはどういったことに気を配ればいいのでしょうか。
まずは、しっかりとした事前調査を行ってもらうということです。
初期費用を削れるだけ削るというにももちろん大切ですが、それにも限界があります。
それならば、「収入」、つまり太陽光発電システムが生み出す電気のほうを重視したほうが、伸びしろはあります。
そのためには、自宅がどのような環境にあり、日当たりはどうなのかを調査する必要があります。
もし、十分な日当たりが望めるのならば、コストのかからないタイプの太陽光発電システムでも十分です。
しかし、日当たりが望めないのであれば、変換効率の優れた太陽光発電システムを導入する必要があります。
もちろん、そういった太陽光発電システムの方が、初期費用はかかります。
それでも、10年程度で元が取れると判断すれば、導入してもいいでしょう。
では、具体的にどのくらいの初期費用がかかるのでしょうか。
よく言われているのが、「1キロワットの太陽光発電システムで550000円」です。
一般家庭用で普及しているのは、3キロワットから5キロワットです。
そう考えると、初期費用というのは、165万円から275万円の間ということになります。
その内訳というのは、どうなっているのでしょうか。
最も値段が高いのは、やはり太陽電池です。
3.5キロワットのものですと144万円はします。
それ以外に、パワーコンディショナーやモニター、配線や設置架台、工事費などを含めると、大体189万円となります。
太陽電池以外の部分は、450000円くらいだということです。


Comments are closed.