電気料金のことを考えて太陽光発電を設置しました

私は宮崎県に住んでいるサラリーマンです。
昨年太陽光発電を設置しました、その理由は、今後電力が不安定になることと、電気料金の値上げが見えてくるからです。
福島の原発事故以降、すべての原子力発電は停止されました、現在でも1基が稼働しているのでしょうか、定かではありませんが、原子力を悪者のように扱っている昨今、電気の供給が不安定になることが想像されます。
そして原子力が稼働しないことによって、石化燃料を使って発電していますが、そのコストは大幅に上がるものと想定されます。
現実的に東京電力やほかの電力会社も値上げ申請するでしょう。
それに輪をかけて、円安が進行しています。
アベノミクスの経済効果は、今のところ正解のようですが、私たちの給料が上がる前に物価が上がってしまいます。
デフレを脱却しないと、日本の経済がどうにもならなくなるのは理解できるので、我慢をしなくてはなりません。
そのような理由から、日照量の多い宮崎県の地域特性を生かしてソーラーパネルを設置しました。

This entry was posted in 宮崎で発電しよう.

Comments are closed.