豊富な日照時間と適度な気温が適している宮崎県

日本全国、日が全く差さない都道府県はありませんから、
どの都道府県で太陽光発電を導入しても、それなりの発電量は見込めると言われています。
ただ、全国の気候は一定ではなく地域ごとに違いがあるので、
発電の効率が良い場所と悪い場所というものも、やはり発生してくるようです。
nullそして、発電効率が良い都道府県の筆頭として挙げられるのが、宮崎県です。
宮崎県が発電効率が良い県と言われる理由としては、まず、
農業が盛んなことからも分かるように、長い日照時間が得られる場所であることが挙げられます。
太陽光発電では、日照からエネルギーを取り出している訳ですから、
日照時間が長い方が多くの発電量が見込めるのは言うまでもないでしょう。
また、理由の2つめとしては、
海風が吹き込むことで、気温が上がりすぎてしまいにくくなっていることが挙げられます。
こちらの条件は見落とされがちなのですが、
太陽光発電パネルには、熱せられすぎると発電効率が落ちてしまうという特徴があるので、
気温が上がり過ぎないことは、太陽光発電を行う上で重要なのです。

This entry was posted in 宮崎で発電しよう.

Comments are closed.