宮崎市で太陽光発電を設置したい方の疑問を解消

宮崎県の太陽光発電の普及率は5.9%と、佐賀県、熊本県についで全国で3位となっています。
日照時間の長さも全国で3位と太陽光発電を行ううえでは恵まれた環境にあります。
特産品である完熟マンゴー太陽のタマゴからも想像がつくように、宮崎市も太陽の恵みをたっぷり受けられる地域です。
この地域特性を活かさずにおくのはモッタイナイですね。
とはいえ、うちの屋根には設置できるのだろうかという不安はつきものです。
そんな不安や疑問を解消しておきましょう。
まず、設置できるかどうかは、信頼できる施工業者のプロの目で確認してもらいましょう。
一般的に設置が向かないのは、北向きの片流れ屋根です。
設置できる場所が北側しか確保できない場合には、初期費用に見合う発電量が見込めないので、おススメできません。
それ以外の方角であれば、ちゃんと発電できます。
南側を100%とすると、南東面、南西面では95.1%、真東面、真西面でも82.8%の日射量を確保することができます。
ただし、1日の中で屋根に影ができる時間が多い家は不向きなので、しっかり調査をしてもらいましょう。
また、一番効率よく発電できるパネルの取り付け方は、真南に向けて水平から30度の角度とされています。
切妻や寄棟は屋根の傾きに合わせて設置しますが、一般的な傾斜角度は30度にかなり近いので、角度としては問題ありません。
また、屋根が重さに耐えられえるか不安という声もきかれますが、建築図面や現場調査を通じて、設置できるパネルの大きさや枚数を確認してくれます。
築年数が古い場合などは、補強工事などもしてくれるので安心です。

This entry was posted in 宮崎で発電しよう.

Comments are closed.