川口市の太陽光発電システムの補助金

補助金というのは、国だけでなく、地方自治体でも行っております。
そこで今回は、埼玉県における中心都市のひとつである川口市の補助金を見ていこうと思います。
川口市の補助金の名前は、「川口市地球高温化対策活動支援金」といいます。
この「川口市地球高温化対策活動支援金」ですが、予算は平成24年度では373万円となっております。
川口市地球高温化対策活動支援金が対象としているのは、まずは川口市に在住している人です。
しかも個人のみですので、法人などはこの支援金を利用することができません。
対象となるのは、太陽光発電システムなどのついた新築住宅を購入した場合、そして、既存の住宅に太陽光発電システムなどを設置する場合です。
実は、太陽光発電システム「など」と記述してあるのには、れっきとした理由があります。
川口市地球高温化対策活動支援金では、太陽光発電システム以外にも、対象となるシステムがあるのです。
それは、ガス発電給湯システム、燃料電池給湯システム、雨水貯留施設、生ゴミ処理容器、カーシェアリング、そして太陽熱利用システムのことです。
では、具体的にいくら補助金が出るのでしょうか。
川口市地球高温化対策活動支援金は、非常に明確なもので、1件100000円です。
変換効率が高かろうと、何キロワットもの太陽電池モジュールを設置しようと、これは変わりません。
その他のシステムはどうなのでしょうか。
ガス発電給湯システム、燃料電池給湯システムの場合には、1件50000円です。
雨水貯留施設の場合には、1基最高30000円、生ゴミ処理容器の場合には、1基最高20000円です。
カーシェアリングの場合には、他のものとは多少異なります。
1契約ごとに、個人契約は最高5000円、事業者契約は20000円の補助がでます。
この場合、補助金がもらえるのは、運営している会社ではなく、利用している人のほうです。
そして、太陽熱利用システムは、1件50000円となっております。
このように、埼玉県川口市では、多様の補助金制度を設けているのです。


Comments are closed.