住宅用と産業用の太陽光発電システム

最近、太陽光発電システムが注目を集めています。
もちろん、その大きな理由のひとつとして、光熱費の節約があります。
最近の住宅は、電気の消費量が多い、つまり、家庭のエネルギーに占める電気の割合が大きくなっているのです。
その分、光熱費というのも多くかかってしまいます。
それを減らすためには、太陽光発電システムがもっとも手っ取り早いということになります。
しかし、実は太陽光発電システムを導入しているのは、一般家庭だけではありません。
法人や自治体といったところでも、太陽光発電システムを導入しています。
しかし、こういった産業用太陽光発電システムというのは、住宅用太陽光発電システムと、少し意味合いが異なります。
住宅用の太陽光発電システムは、その主な目的が光熱費の節約です。
一方、産業用太陽光発電システムの場合にも、もちろん光熱費の節約というのがあります。
ビルの屋上などに太陽光発電システムを設置して、光熱費を節約している企業もあります。
ただし、産業用太陽光発電システムの場合には、それと並んで「売電」が大きな目的なのです。
確かに、何もない土地に、ただ太陽光発電システムだけがある、という施設を目にしたことがあります。
この場合、どう考えても周りに施設がないので、光熱費の節約という目的ではありません。
明らかに、売電を目的としております。
ではなぜ、産業用の太陽光発電システムには、売電目的が多いのでしょうか。
それは、産業用の太陽光発電システムならではの事情があるからです。
まずは、土地の有効利用というのがあります。
自治体の中には、工業団地を誘致するために造成した、そんな土地がたくさんあります。
しかし、この不景気の中、なかなか設備投資をして新工場を建設しようなどという企業は存在しません。
そうなると、収入が入ってこない自治体としては、頭を抱えてしまいます。
ただ土地を遊ばせておくくらいなら、何か利用できないかということで生まれたのが、産業用の太陽光発電システムです。
土地はどうせ余っているので、かなり大規模に太陽光発電システムを展開することができます。
土地の遊びを無くすだけでなく、そこから収入を生み出そうというものなのです。


Comments are closed.