今後の日本の太陽光発電エネルギー事情

太陽光発電のエネルギーを生み出すシンプルな仕組みには個人的にとても魅力を感じています。
原発事故など受けて日本のエネルギー事情を考えると
自然エネルギー(太陽光、風力、地熱)の利用は必須と考えます。
震災以来生活に欠かすこと無い出来ない電力の大切さを再認識させられたと同時に既存の発電方法が長期的にみて必ずしも最良でないことも解りました。
現状では一日の日照時間が長いような地域では太陽光パネルを設置する人口(世帯)が増えているそうです。
設置費用と回収できる電力量の関係などのバランスがよく話題に上がっています。null
自治体の助成金などを利用して個人の家の屋根に太陽光発電を設置した場合およそ設置費用の回収までにかかる時間は20年程度とされています。
このランニングコスト面に関しては色々な意見がありますが、現状私達は電力に関しては使い捨ての状態です。
しかし時間がかかるとはいえ設備を一度設置してしまえば不労所得のように少しずつ無料のエネルギーが手に入ります。
長い間使い続けられる設備であり、その間環境に対しても配慮し続けて行く事が出来る点も評価の一つとして考慮しなくてはいけません。
太陽光パネルの性能は今後まだまだ改良されて効率の高い物へと変わっていくと思われますので、いまから身近な電力供給システムの一つとして導入を検討したほうが良いように感じます。
次世代型のエネルギーの主軸として、自然エネルギーのさきがけとしてぜひ応援し注目していきたいと思います。

This entry was posted in エネルギー事情.

Comments are closed.